ザギトワ選手の衣装、後から見返して気づきました。

オリンピックシーズンにシニアデビューし、5月に15歳なったばかりで年齢制限をクリアしたロシアのアリーナ・ザギトワ選手。昨シーズンはグランプリジュニアファイナル、世界ジュニア選手権で優勝し、今シーズンさらに飛躍した彼女は階段を段飛ばしで駆け上がって行くようにしてオリンピック女王に輝きました。
同じメドベージェワ選手も美形ですが、また違った美しさがありリンクに上がるだけでパッと華やぐようなオーラがあります。彼女がメドベージェワ選手が持っているショートプログラムの世界最高得点を上回った演目は「ブラックスワン」でした。序盤は白鳥を表現し、中盤から力強い黒鳥を表現しています。ジャンプも高難度でスピンも柔軟性があって高速。ステップも個性的でとても魅力的なのですが、彼女の着ている衣装の前面と腕の部分にはスパンコールがついており演技の途中でこすることでスパンコールが白から黒に変わっていくのだと知りました。改めて演技を見てみると最初は白い部分が多かった衣装もフィニッシュには黒の部分が増えていました。演技はもちろん衣装にも工夫を凝らしていて色々と楽しませてくれる選手だなと感じました。即日受け取り クレジットカード