子供が機関車トーマスにハマったのでおもちゃの量が増えました

トーマスのおもちゃって種類が多いんですよね。欲しがるものも多くてなにを買えばいいのやら、なにを買ったら終わりになるのかわかりません。ゴールがまったく見えません。
次から次へと新しいおもちゃがでてきますし、これはもう子供が飽きるまで待つしかないんでしょうね。
確か私も昔はセーラームーンにハマっていましたし、子供はそんなものなのかもしれません。

けれど大人になることを考えたら特別意味のある出費ではないんですよね。だって大人になっても大事にするかといったら違うでしょうし、意味があるとしたら今この時期におもちゃで遊んで手先が器用になるということと、親に買ってもらったという記憶が残る程度でしょうか。
私が小さい時は貧乏だったのでおもちゃはなかなか買ってもらえませんでした。それを考えると私の子供は恵まれているのかもしれません。

夫もなんだかんだで甘やかしてしまって、家の中がおもちゃだらけですからね。
処分しなきゃならなくなった時が大変そうです。

メダリスト記者会見〜〜質問は意味のあるものにしてください

日本にとって、冬季最高のメダル獲得数を記録した平昌オリンピックが閉会し、選手たちが帰国した。
朝からメダリストの記者会見を見ていて、選手たちのコメントを聞くたびに、「苦しいことも多かったよね。」「自分との闘いが一番難しいよな〜。」と、昔競技をかじった者として共感しきり。
「強心臓、天然」と評される宇野昌磨選手。「初めてのオリンピックでこれだけ緊張せずにできたのは、オリンピック以上の舞台で試合をしてきたからこそ」などを聞くと、特別な思いはないというのは、一つの通過点だと思うことによっていつも通りに演技できたということであって、決して天然な発言ではないよな〜と思う。「もっともっと大きな試合をたくさんやってきて、その経験があるから大丈夫!」そう思いたかったんじゃないかと。
なんでもテレビ的に面白ければ良いってもんじゃない。
そして、面白ければ良いのか?何かねらっているのか?と感じたのが、羽生結弦選手に対する女子アナの質問。
「おいしかった食べ物はなんですか?」
これって金メダリストに聞かなきゃいけない質問なんですかね?べつに羽生選手、食べ物のことで何か特別に話題にのぼったわけでもない。記者会見が急に決まったはずはないし、じっくり考えた質問がこれなのかしら…。
羽生選手はさすがでした。「食にはそれほど興味がないので、回答は省かせていただきます。」的外れな質問には、このくらいばっさりやってくれると、見ている方もスッキリ。
この回答力、私も職場で生かしたい。http://thecw.co/tsudobarai.html

車がないと、郊外の公園に行くこともできません

今年は、街で、たくさん、一般人でもいいので、イベントがあるといいですよね。やはり、イベントがないと、街は賑わってはいかないような気がします。特に、小さいお子さんをお持ちのご家族は、行くところも少なくて、近くの公園にばかり行くというようなことになりかねません。
特に、車を持っていない世帯が多いといいます。車がないと、郊外の山の中の公園に行くことができません。遊びの道具もいりますから、電車での移動も辛いです。出来たら、歩行者天国のようなモノが嬉しいです。屋台なども出ると、持ち上がりますよね。どうしても、広々のエリアが欲しいです。歩道だけだと、とても狭いですから。お店もぎゅうぎゅうになってしまいます。
もしかして、京都が、観光客に賑わっているというのは、お祭りが多いからかもしれませんよね。ひっきりなしに、なにかの行事があったりします。やはり、やりますよという宣伝がないと、行ってみることもできませんから。