夏は高校野球で始まり、甲子園で夏も終わりを告げるのです。

今年は大雨で大きな災害をもたらした所も多く出ましたが、そこでも高校野球の予選は行われています。夏が本番を迎えたのです。そして、ここ北海道では、北北海道代表が、全国で、最初の代表になりました、接戦のすえ、旭川大学付属が、代表になりました。そして一日遅れて、南北海道の代表も、小樽北翔が、駒大苫小牧を大差で下しての代表に決定、これで南北の代表が出そろいました、第100回の記念すべき大会へと駒を進めたのです。郷土の代表として,一試合でも長く甲子園で試合をする姿を見たいもので素、郷土愛が湧きあがる、不思議な甲子園。北海道も駒大苫小牧が全国制覇したときのことはよく覚えています、町中が静まりかえり、優勝が決まった瞬間のあの歓喜の声が、それぞれの家から沸き上がった時の感動を今もしっかりと覚えているのです.その後北海道の高校野球のレベルも、ワンランク上がったのです、全国どこのチームとも、互角に戦うことが出来る様になったのです。自信を持って、戦って来てくれることを願っています。お金借りる 金曜